事務所の移転の作業は、関係者以外が行う

事務所移転の際には、会社の人全員で引越作業をすると想っている人は、ほとんどでしょう。実は違います。運送会社に頼んで運んでもらって、運送会社の人だったり、引越の手伝いをしてくれるアルバイトや派遣の人を求人で募集して働いてもらっています。1日だけで引越が終わる様なら、1日だけでアルバイトやパート社員で募集をしていきます。300人程いる様な大きな会社になってきますと、数日では終わらないので、1ヶ月程の短期の期間の仕事で募集をかけます。1日だけのアルバイト・パートの応募でも、1日3千円支払われます。仕事内容は、重たい物は、プロの運送屋の人がやってくれたりしますので、あまり重たい物を持つ様な事は、滅多に無いでしょう。でも、そっちを持って下さい。などの補助的な仕事も有るかもしれないです。後は、雑用で、細かい物を箱にしまったりします。

事務所の移転は難しい一面があります

営業所が手狭になることはよくあります。たとえば元々は人口の少ないところに営業所を出していたが、都市開発によりその地域の人口が急激に増えた場合など営業所が手狭になり移転をしないといけなくなる場合などがあります。この場合なかなか次の事務所を探すのが難しいわけです。まず駐車場付きの物件であることが大事になります。しかし駐車場が付いていると家賃が高くなります。また交通の便がいいところでないといけないわけですが、なかなか駐車場付きで交通の便がいいところを見つけられないわけです。なぜならそんないい場所はどこの会社も探し求めているから早い者勝ちになりがちです。したがっていい物件ができるとすぐに申し込まないと先にとられてしまうことになるわけです。だから事務所の移転を考え始めても、なかなかいい物件を見つけることができずに困ると言うことになりがちです。

事務所の移転は効率的に

事務所の移転をする際は、前もって早めにオーナーや管理会社にその旨を伝えておく必要があります。遅くても3ヶ月前には伝えておくのが理想です。事務所を明け渡すのなら、次に使う人が気持ちよく使えることを考えて出来る限り綺麗にしておくと素晴らしいです。事務所の主な移転目的は、費用の削減、業務拡大、周囲の環境を変えたいなど、色々挙げられます。先ほども述べた通り決断は早くしないといけませんが、現状を変えたいのなら移転という判断は正しいです。スケジュールを立ててその通りに進めていけばスムーズに進めていけるでしょう。また、荷物の搬送などもあるので、そのことも考慮して問題なく、新環境を楽しみにしていけたら良いですね。手続きを怠ることなく、お世話になった事務所に最後の日まで感謝の気持ちを込めながら過ごしていけるのが望ましい心得です。

当社の他社との違いとは、オフィスや事務所などの内装やレイアウトをデザインから施工までトータルで行える事です。 リスクを回避し、目的・計画に合う最適な物件を見つけるサポートをいたします。 物件探しやデザインなどを行っていて、国内の営業拠点になる、東京・名古屋・大阪に事務所があり、ご要望に応えています。 リニューアルにも新設にも幅広くお手伝いいたします。 【フロンティアコンサルティング】事務所の内装デザインから移転までサポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)