不動産会社の選び方

賃貸事務所の物件探しをする上で、必ず関わらなくてはならないのが不動産会社です。
不動産会社は、実は「管理会社」と「仲介会社」とに分けられています。「管理会社」は、自分の会社で管理している物件、もしくはオーナーから管理を依頼されている物件を借主に紹介し、一方の「仲介会社」は、他の不動産会社も仲介を行っている物件の賃貸仲介業務を行うのが一般的です。

「管理会社」にも「仲介会社」にもメリット・デメリットがそれぞれあります。
「仲介会社」は、市場に出ている物件を紹介してくれる為、多数の物件に出会うことができるメリットがある一方で仲介手数料が発生します。また、「管理会社」は、前述の通り、自社で管理している物件、又はオーナーから管理を任されている物件を取り扱っている為、ビルそのものの情報や立地環境、オーナー情報等に詳しいという強みがあります。
さらに、不動産会社を別の角度から考えると、支店が何店舗もある大手不動産会社と地域に密着した町の不動産会社とに分けることができます。大手不動産会社には、名が知られていることへの安心感があり、また広範囲から物件を探すことが可能です。その為、賃貸事務所を借りる場所を決められないでいる場合等には大手不動産会社が適していると言えるでしょう。

一方、地域密着型の不動産会社の場合、その土地に特化している為、ビルの情報、地域の情報に詳しいことが大きな強みとなります。
賃貸オフィスを構えたい場所が決まっている場合には、まずは町の不動産会社に相談してみることをおすすめします。
希望条件等にも融通が利くほか、掘り出し物件にも出会えるかもしれません。さらに、不動産会社の担当スタッフも良い物件を借りることができるかどうかの重要な鍵となる場合が多くあります。チェックすべきポイントは、スピーディーな対応をしてくれるかや、言葉や態度が丁寧で誠意が感じられるか、また物件についての豊富な知識があるかなどです。
借主の希望の条件にマッチングした物件を、迅速かつ的確に探し出してくれるスタッフがレンタルオフィス探しにおいて有能な担当者と言えます。
各不動産会社がどのような種類の会社なのかを見極めること、借りたい条件の賃貸事務所をできるだけ素早く探してくれる担当スタッフに巡り合えることがスムーズな賃貸オフィス探しのポイントとなりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)