東京23区の中でも庶民的なイメージのある練馬区です。そこで不動産売却しようとするとどのような方が該当するのか見当してみたいと思います。まずは土地や建物をお持ちの方。かなりの高級層に入る方だと思います。23区で土地や建物を入手するにはかなりの金額が必要になりますし、固定資産税も相当なものです。次に代々続く大地主の方。先祖代々土地を受け継いでこられた方なのでしょう。どちらにしても、かなりのお金もちさんといわれる方々が売却されると思います。翻ってその売却された土地を購入される方も、かなりの高収入の方で高級富裕層となります。任侠ドラマなどで「品川」ナンバーに比べて「練馬」ナンバーがバカにされているシーンなどのイメージがあります。しかし、23区である以上、庶民にはなかなか手の届かない土地であることは確かです。

練馬で条件のいい不動産売却をするには

世の中で最も持っている人が多い不動産の種類と言えば、やはり家が断トツでしょう。その家を売却するとなれば、できるだけ高額の値段を付けて買い取ってくれる不動産会社を選ぶのがいいということになりますが、実際のところ、今、売りたいと思っている家にいくらの価値があるのか、わからない人がほとんどだと思います。もし、売りたい家が練馬の一等地にあるなら、極端な話、家がボロボロでもう住むことはかなわない状態でも、土地にはそこそこの値段が付くでしょう。ただし、家を壊し、更地にしてから売るなど、不動産売却にあたっては条件が付くこともあると思われます。それらの条件は、不動産会社によって異なってくるのは間違いないでしょうから、複数に相談を持ちかけるのがいいのではないでしょうか。面倒でも複数に相談し、さまざまな意見を集約するだけの労力が求められるでしょう。

練馬の一等地の不動産売却は

不動産売却をする場合、複数の不動産会社に対し、いくらくらいの値段が付くかを査定してもらって比較検討するのが望ましいでしょう。懇意にしている不動産会社があるのであれば、そこだけに絞ることで、多少は勉強してもらうことができるかもしれませんが、たいていの人には懇意にしている不動産会社などないと思います。そのため、いくつかの不動産会社に見てもらうことで、どのような差が生じるかを確かめる必要があります。もちろん、懇意にしているところがなくても、面倒だから一つだけでいいと考える方もいらっしゃると思います。その場合は、もし仮にもっと高い値段で不動産売却ができる可能性があるとしても、知らぬが仏でいいという考え方でしょう。けれど、もし練馬の一等地にある不動産ならば、査定金額は均一にはならないと思われることから、やはり比較検討しないともったいないのではないでしょうか。

Leave your Comment

*